ブライダルは父母のためにでもあるし自分のためにでもいらっしゃる

結婚することが決まり、親に紹介。
自分は結婚式を講じる気持ちが全く無く、彼氏もやる気がないことを女子に述べると、女子は大異議。
何の為に婦人を産んだの!?と泣かれるケア。
どういう形でも良いから、結婚式は挙げてくれと頼まれました。
そしてどういう形でも良いからと言った割合は、よくよく話しを聞いていると、女子にはある最良があったようで・・・。
・とにかく和装はやる
・白無垢と彩り打ち掛けはきてくれなきゃお断り
・彩り打ち掛けはアンティークな図案のが素晴らしい
・○○宿屋の挙式は素敵だった報告が拡散(おそらくそこで挙げてほしい)
などなど会話のなかにちょっとずつ説を入れて現れる女子。
元々私も盛り上がりもなかったので最良というものが無く、こうなったら女子の希望を出来るだけ聞いて、
そこから形式にしようと、申し込み一律聞き込みをしました。

契約、場内は希望受け取りにはできませんでしたが、それ以外の物は一律適えることができました。
ウエア合わせでウェアを彼氏と3人で見に行った時は、女子が誰よりもはしゃいでウェアを選んでいました。
彼氏も袴を試着していたのもあり、白無垢を試着すると少し涙ぐむ女子の外見が。
まだ速いよと冗談で流しましたが、女子の想いをかなえることができて良かったなと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です